家電

パナソニック ビエラのテレビ画面が映らないのに音は出る!原因と対処法

パナソニックのビエラで、画面が映らないのに音は出る状態になってしまう原因として、テレビ本体のプログラムに何らかの問題が生じているか、テレビや周辺機器の配線トラブル等や基板の故障が考えられます。

 

テレビを楽しんでいるときに突然画面が見れなくなってしまうとかなり焦ると思いますが、コンセントを差し直したり、配線を繋ぎ直したりすることで、画面が映るようになることもありますので、落ち着いて対応してみてくださいね。

 

それでも直らない場合は、修理の依頼をする方が多いと思いますが、保証の有無で修理費も変わってくることもありますので、保証書は無くさないように大切に保管しておきましょう。

 

 

今回は、パナソニック ビエラのテレビ画面が映らないのに音は出る原因と対処法、保証等について詳しく解説していきたいと思います。

 

 

 

ビエラ・テレビ画面が映らないで音は出るときの対処法は

ビエラでテレビを楽しんでいるとき、画面が映らないのに音は出るという状態になってしまった場合、主電源スイッチの入切うを行う、コンセントや配線をつなぎ直す等の対処法を試すと、直ることがあります。

 

それぞれ解説していきますね。

 

 

主電源スイッチの入切を行う

まず試してみてほしいのは、主電源スイッチを一度切って、再び入れてみることです。

 

この方法は、パナソニックのホームページにも記載がある方法となっており、まず試してほしい方法となっています。

 

 

コンセントを差し直す

次に試してほしいのは、テレビの電源を切り、コンセントを差し直すことです。

 

テレビの電源を切ってからコンセントを抜き、最低でも5秒間はそのまま待ち、5秒以上経過してから再びコンセントを差すと映る場合があります。

 

テレビ自体のプログラムに問題が起こっている場合、この方法で解消することも多いと聞きますので、正しい手順で試してみましょう。

 

 

ここで注意してほしいことは、必ずテレビの電源を切ってからコンセントを抜くことです。

 

電源がついたままコンセントを抜いてしまうと、その行為でテレビのプログラムに問題を生じさせてしまうかもしれませんし、なにより感電等の危険もあります。

 

必ず、電源を切ってからコンセントを抜くことを習慣にしてくださいね。

 

 

 

テレビと周辺機器の配線をつなぎ直す

最後に試してみてほしいのは、テレビとテレビにつないでいる周辺機器(Wi-Fiルーター、レコーダー、ゲーム機等)の配線をそれぞれつなぎ直すことです。

 

配線のトラブルが原因の場合は、この方法で解消することもあります。

 

 

こちらも、まずはテレビや周辺機器の電源を切ってから、コンセントを抜き、それぞれをつなぐ配線をつなぎ直してみてください。

 

間違えて差してしまっていたり、差し込みが甘く抜けかけていたりした時には、これで直ることもありますので、この対処法を試して、修理が必要かどうか判断しても良いかもしれませんね。

 

 

以上のような対処法を試し、それでも解消しない場合には、修理依頼を検討しましょう。

 

 

 

パナソニック・テレビの画面が消える、黒くなる、原因は?

パナソニックのテレビを視聴中、画面が消えたり黒くなる原因は、配線関係のトラブルやテレビのプログラムの不具合、基板の故障等が考えられます。

 

配線関係のトラブルやテレビのプログラムの不具合の場合には、自分でできる対処法を試すことで画面が映るようになることもありますので、主電源の入切をしてみたり、コンセントや配線をつなぎ直したりということをまずは試してみましょう。

 

基板の故障については、修理依頼や買い替えを検討することになりますので、まずはパナソニックのホームページにある「修理診断ナビ」という、品番と症状を入力し修理が必要か診断してくれるツールを活用してみてくださいね。

 

 

 

画面が映らないのは保証で修理できるか

画面が映らない場合、保証で修理することが可能です。

 

パナソニックのテレビを購入した時の基本保証は、購入してから1年間となっていますので、その間は保証で修理が可能となります。

 

パナソニック基本保証以外にも、テレビを購入した家電量販店でそれぞれお店独自の保証(3年や5年)がある場合もありますので、購入後1年以上経過してからの場合には確認してみましょう。

 

 

どちらの保証にも言えることですが、保証をきちんと使うには、保証書を正しく記入・保管しておく必要があります。

 

その中でも、購入日を書き忘れてしまう人が多いため、購入した時に購入日を必ず記入しレシートや領収書と一緒に保管しておきましょう。

 

 

 

補償なしだと修理費用は?

補償なしの場合には、基本的に修理費用は自己負担となってしまいます。

 

とは言っても、修理費用はどれくらいの金額になるのか、全く見当もつかず不安になりますよね。

 

 

パナソニックのホームページには「修理診断ナビ」というシステムがあり、製品の品番を入力し症状を選択することで、おおよその修理費用を知ることができます。

 

症状に関してはかなり細かい選択肢があり、該当する症状に1つチェックをつけて診断結果ボタンを押すと、診断結果と修理費用目安を確認することができ、そのページから修理の申し込みも可能です。

 

 

私もスマートフォンで試してみましたが、診断結果には、その症状になった時の対処法の記載もあり、大変便利と感じました。

 

インターネット環境がある人は、試してみてくださいね。

 

 

 

Panasonicサポートセンターを紹介

パナソニックは、ホームページ上に「総合お客様サポート」という窓口を設けており、個人、法人どちらもOK、商品についてはもちろん、その他の問い合わせにも対応していて、安心できるサポート体制となっています。

 

総合お客様サポートでできることは、

 

・取扱説明書の閲覧、ダウンロード

・よくある質問の閲覧

・修理の相談、申し込み

・問い合わせ(電話、メール、AIによる自動応答)

・ソフトウェアダウンロード

・スマートフォンアプリダウンロード

・消耗品、別売品購入

 

以上のように、ほとんどがこの窓口で済むようになっています。

 

電話やメールでの問い合わせは、月曜日から土曜日の9時から18時までの間ですが、修理窓口は年中無休で対応してくれますので安心ですね。

 

商品ごとにページが作られており、テレビの場合には「AV機器・カメラ」から進むと、ビエラを選ぶことができますよ。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回はパナソニック ビエラのテレビ画面が映らないのに音は出る原因と対処法、保証等について詳しく解説してきました。

 

テレビを見ていて、急に画面が消えたり黒くなったりした場合には、

・主電源スイッチの入切を行う

・コンセントを差し直す

・テレビと周辺機器の配線をつなぎ直す

 

この3つの方法をまずは試してみましょう。

 

それでも解消しない場合には、パナソニックのホームページにある「修理診断ナビ」というツールを使い、修理の有無や修理費を確認してみてくださいね。

-家電

Copyright© デンワとスマホ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.